杏

自動広告って、手動よりも効果あるのかな?
手動と、自動どちらにするか悩んでる人に向けて、
自動広告のテスト機能を使い、自動、手動を選択するやり方を解説していきます。

まなみ

テスト機能?自動広告にテストがあるの?
どんなテストなんだから、ワクワクしちゃうね。

Googleアドセンには「自動広告」「手動広告」2種類あります。

自動広告は、2018年2月に導入された機能となります。

以前は、手動の広告だけでしたので、自動広告は、まだ新しい機能の1つなんですよね。

言葉の通り、自動広告は、設定をオンにするだけで自動で広告を配置してくれる機能なんです。

杏

自動広告の良さは、広告配置場所や広告種類を考えなくていいので
初心者には、使いやすいと思いますよ。
私は、自動広告を使っています。

自動広告は、効果が無いという声もありますが、テスト機能を使うことで、Googleが「手動」「自動」どちらが適しているかを判断してくれるのです。

結論から言えば、どちらにするか迷ったら、自動広告のテスト機能を使った結果で、選択することをオススメします。

自動広告は、比較的新しい機能ですが、常に進化しているので期待しています。

アドセンスの自動広告とは?

自動広告は、Googleが効率的な場所を探しながら自動で、広告が設置されていきます。

自動広告を、オンにしたら、簡単な広告種類を選択していきます。

広告の種類を全てオンにしてしまうと、広告が全面的に出てしまうので注意が必要です。

「広告が多ければ、それだけ効果があるんじゃないの?」

そう思っているならば、間違いです。

広告だらけのブログは、ユーザーにとって不快になってしまうので避けたほうが良いのです。

では、自動広告について、もう少し詳しく見ていきましょう。

  • 広告のタイプ
  • テスト機能
  • 自動広告テストのやり方

広告のタイプ

自動広告の種類は、ページ内広告と、オーバレイ広告の2つのタイプがあります。

【ページ内広告】

  • ディスプレイ
  • 記事内広告
  • インフォード広告
  • 関連コンテンツ(モバイルのみ)

【オーバレイ広告】

  • アンカー広告
  • モバイル全画面広告(モバイルのみ)

モバイル全面広告については、こちらの記事で解説しています。

ページ内広告は、自動で表示されます。

オーバレイ広告は、任意で選択することができます。

まなみ

手動でこれだけの種類の広告を設置するとなると、
ちょっと初心者には難しそうですね。
Googleが自動配分してくれるならば自動広告のが便利かもね。

テスト機能

Googleアドセスの自動広告テストは、「手動」「自動」広告の、どちらが効果が良いかテストする機能です。

アドセンスの自動広告をテストする場合は、

  • どのような広告のフォーマットでテストするか
  • ページに表示する広告の掲載数をどのくらいにするか

    テストパターンを設置して行います。

    1度のテスト結果で、仮に効果が良くなくても、広告のフォーマットを変えながら、再度テストを繰り返し行うことで、効果かが出る可能性もあるので、定期的にテストをしていくことです。

    自動広告テストは、自動配置(パターン)と、手動配置(オリジナル)を比較して、“収益の増減や影響などを事前にテストすることが目的”となっています。

    最大90日間、自動広告テストが行われるのですが、その前にテスト終了となってしまうケースもあります。

    あまりにも期間が短い場合は、広告フォーマットを変更して再度テストしてみましょう。

    自動広告テストの結果は、パターンとオリジナルとして結果が出てきます。

    • 自動広告の場合はパターン
    • 手動の場合はオリジナル

    自動広告テストの結果は、このように表示されます。

    テスト期間中は50%のユーザーに自動広告をテストとして表示することで反応を集計することができます。

    テストが終わると

    「この時の結果は、オリジナルの方が成果が高い可能性があります」

    という結果がお知らせされます。

    自動広告のテスト結果で、数回再度自動広告をテストするか、テストせず手動広告(オリジナル)にするかを選択します。

    杏

    アドセン広告は、奥が深いので
    手動(オリジナル)で設置しても収益が見込まなかったりすることもあります。
    常に改善していく姿勢が大事なんです。

    また、1回のテスト結果でオリジナル(手動)が良いと出ても、数カ月後に再度テストをすると、パターン(自動)のが良いという結果にもなります。

    このことから、定期的にテストをすることをオススメします。

    自動広告テストのやり方

    Googleアドセンス画面を開きます。

    • 最適化を選択し、テストをクリック
    • 「新しいテスト」をクリック
    • 自動広告のテスト作成を選び、テストしたいブログを選択

    テスト設定が完了すると、紫色のアイコン(赤枠部分)表示されます。

    これで、自動広告のテストが開始されたことが分かります。

    Googleアドセンス自動広告設定方法

    Googleアドセンスの管理画面にログインします。

    アドセンス管理画面ログイン

    広告をクリックすると、赤枠の「サマリー」が出てきます。

    画面、右下に設定する、ブログのURLの右側(赤枠)のアイコンをクリックします。

    赤枠の部分を、オンにしていきます。

    広告の設定ポイント
    • 異常なほど広告を表示しない(離脱が早い)
    • 広告が多ければ収益が多くなるわけではなく、適切な場所にほどよく載せる事がポイント
    • ブログ初期の場合は、アドセンス広告よりブログのボリューム(記事数)を意識すること

    スクロールすると、広告読み込みの設定を最小限に調整します。

    アクセスが増えた時に最小から⇒中という感じにしていってもいいのですが、最大にはしないようにしましょう。

    必要ないと思う場所の広告は、削除できます(赤枠部分)

    最初の内は、記事内1つ、記事下(離して)に2つくらいにしておくのがベストです。

    スマホ、パソコンどちらも広告は、3つくらい表示させるくらいがいいと思います。

    スマホとパソコン用の設定があるので(右上枠部分)広告を削除してみて下さい。

    設定が終われば、収益カウントが始める

    自動広告の設定が、完了すれば、後はブログを更新しながら収益化を目指していきましょう。

    私は、Google自動広告の方を、初心者にはオススしています。

    広告の設定をする作業が要らないので、記事を書くことに集中できます。

    また、自動広告は日々進化しているので、高いクリック率をGoogleが判定しながら動いています。

    ブログを更新しながら、アクセスを増やせしていくことで、アドセンス収益をアップさせていきましょう!

    まとめ

    今回は、アドセンス自動広告の効果について解説させていただきました。

    アドセンスは、これが正解です!と断言できるものではありません。

    自動広告、手動広告設定を繰り返し、良い設置を探しながら運営をしていくことで収益が見込めると思います。

    また、アドセンの自動広告「テスト機能」を利用しながら、Googleに判定してもらい参考にすることも改善方法の1つになります。

    効果を見ながら、アドセンス広告を調整してみましょう。

    杏

    自動広告と手動広告を検証しながら判断するのがいいと思います。
    私は、自動広告だけを使い定期的にテスト機能を試しています。
    数回テストしてみた結果としては、収益が上がってきてるといった印象です。
    アドセンスも向上してるので、自動広告テストはオススメです。