杏

ブログのクリック率の数字を見ても、
良いのか悪いのか迷いませんか?
10%以上のもあれば、0.5%もありますよね?
もう少し理解したい方に向けて、クリック率と掲載順位について解説してきます。

クリック率と掲載順位を分析するためにGooglサーチコンソールを使ってる人も多いですよね。

私も、もちろん使っています。

クリック率が高ければ、それだけ読まれていることは理解できますよね。

掲載順位も高くなれば、トップページ1枚目に上位表示されることも理解できると思うんです。

また、トップページに表示される記事数は決まっていますよね。

そこで、1位と10位のクリック率の違いについてまとめてみました。

意外にも大きな差がありすぎて、
トップページに表示されても、喜んでもいられない実態がありました。

逆に、2ページ目の11位以降の記事にも意外なことが起こっていました。

今後のブログ運営の参考になるのではないかと思います。

上位表示のクリック率はどれくらい?

上位表示になる記事は、Google評価が高いと言われています。

ただ、ライバルが少なかったり、ニーズが低くても上位表示されるケースがあります。

このことから、需要のない記事を上位表示に意識を置いても、
クリック率が上がらないがあります。

例えば、

コロナ過でマスクをするようになってから
口紅を購入する率が減りました。

理由は、マスクで口元を覆ってしまうので
口紅をつける人が減ったことが理由とされています。

購入しない人が多ければ、口紅の記事を書いても
読んでくれる人は少ないと思うんですよね。

質の高い記事を書いたとしても上位表示はされても
ニーズの無い商品だと、お客さんがいない、
と、言うことになるわけです。

すなわち、上位表示を意識する前に、ニーズのあることが
前提になるということですよね。

ただ、ニーズのある記事を書こうとしても、
初心者の場合、上位表示されるには、
ライバルが多く、表示されるまでにかなり時間がかかります。

しかし、

私が実践して思うことは、
すぐに上位表示されなくても、ニーズのある情報で
勝負した方が良いということです。

タイトルを工夫したり、何度かリライトしていけば、
時間がかかってもライバルと戦えるはずです。

杏

根気は必要ですが、
書いているうちにコツもつかめるので、
需要のない記事をたくさん書いて、上位表示するよりは
工夫しながら需要ある記事を書くことをオススメします!

少し話がそれましたが、
上位表示のクリック率を見ていきましょう。

1ページ目の1位と2位のクリック率

2021年のCTR調査によると、日本での調査では、
上位表示1位のクリック率平均は、14%となります。

2位は、ガクンと下がって7.3%くらいになります。
この差は、大きいと思いませんか?

サーチコンソールで、この数字と比較してみましょう。
平均CTRは、どれくらいだったでしょうか?

では、続いて3位から10位までのCTR率は、

check
  • 3位 ⇒4.3%
  • 4位 ⇒4%
  • 5位 ⇒3.2%
  • 6位 ⇒2.2%
  • 7位 ⇒2%
  • 8位 ⇒1.9%
  • 9位 ⇒1.8%
  • 10位 ⇒1.9%

このような数字となります。

参照元

3位から10位までは、数字にそれほど差がないのが分かると思います。

このことから、トップページの1ページ目の3位くらいのポジションは
狙えそうですよね。

差が無いということは、リライトしながら順位変動ができることが
分かります。

杏

初心者でも、スキルが上がれば
十分トップページ1ページ目に表示されるということです。
逆に、リライトぜずに放置した場合は、後方者に追い越されることも
認識しておいた方がいいですね。

トップページ1ページに表示されたトップ10位の記事は、
40.6%のユーザーが結果をクリックしたことを表します。

では、11位~20位の2ページ目のCTRをみていきましょう。

2ページ目の11位~20位のクリック率

検索結果の2ページ目まで見ているユーザーは少ないと思っていました。

少なければ、クリック率も低くなることは予測できますよね。

実は、面白い分析結果になっているのです。

10位~12位までは緩やかにCTRは減少しているのですが、
12位~20位までが、緩やかにCTRが上昇しているのです。

すなわち、1ページ目、2ページ目までユーザーは読んでいることが分かります。

では、11位~20位までのCTR率をまとめてみます。

check
  • 11位 ⇒1.8%
  • 12位 ⇒1.7%
  • 13位 ⇒1.8%
  • 14位 ⇒1.9%
  • 15位 ⇒2%
  • 16位 ⇒2.1%
  • 17位 ⇒2.2%
  • 18位 ⇒2.4%
  • 19位 ⇒3%
  • 20位 ⇒2.9%

このような分析結果になりました。

ここで分かることは、2ページ目の13位~19位まで、
CTRが伸びていることです。

杏

2ページ目は、読まれてない
といった固定観念があったけど、
分析結果を見て驚きました。

つまり、2ページ目の20位まで、
ユーザーの61.47%が検索結果を見ているということです。

トップページ1ページに表示されなくても、20位まで入ってる記事は
期待が持てるということですよね。

まとめ

今回は、ブログクリック率平均と掲載順位の関係について解説しました。

サーチコンソールで平均CTRを確認したとしても、比較できる数値がなかったので調べてみたのです。

調べていく中で、掲載順位との意外な関連性もあり「CTR」の見方も変わってきますよね。

結果としては、1ページの6位から10位よりも、
2ページ目の、17位~20位の方がクリック率が良いことです。

まとめますと、

トップページ1ページで順位を狙うなら、
1位~5位を目標にすること。

トップページ2ページで順位を狙うなら、
17位~20位を目標にすること。

ただ、上位1位を狙うのが1番効率的には良いのですが、
初心者ですと、簡単には1位まで上がることが難しいので、
今後のブログ運営の参考になればと思います。

時間で働ない人生を送るために
私が実践してきたことや、
人生について、ブログとメルマガで情報を発信しています。

興味のある方は、サクッと読んでいただけたら
と、思います。