杏

これからブログを開設するけど、
ブログは、どれくらい稼げるの?
どういう方向で進めていいんだろ?
そんな人に向けて、ブログを始めても失敗する人の特徴と、
稼ぐための方法を解説していきます。


榎本

ブログを始める前は、どう始めていいかわからないよりも
どのくらい稼げるんだろ?という期待の方が大きくないかな?

結論から言えば、初心者でもブログの開設は簡単にできますが、運営をしていくことの難しさがあります。

ブログを始めたからと言っても、収益に結びつくまでには時間がかかるのです。

ジャンルにもよりますが、成果がでるまでには、半年以上、もしくは1年以上かかると思っておいたほうが無難です。

ブログで失敗する人の特徴

ブログを始めて、数ヵ月で結果をだせるほど簡単ではないのがブログです。

しかし、初心者の多くは、数ヵ月で稼げるのではないか、と思って始めてる人が多いのです。

そこで、ブログで失敗しないためにも、”ブログで失敗する人の特徴”をまとめてみました。

失敗することを回避できるので参考にしてみて下さいネ!

ブログで失敗する人の特徴
  • 目的を明確にしていない
  • 実践しない
  • 知識が無い

目的を明確にしていない

冒頭でもお伝えしたように、初心者でも簡単に開設できるのがブログです。

しかし、目的を持たずにブログを始めてしまうことも多いのです。

「目的は、稼ぐことだけど?」

という回答になると思いますが、記事を書いたからといって稼げるものではありません。

また、目的を「稼ぐこと」にしてしまうと、ほとんどの人が失敗します。

理由としては、

  • 思ってたより稼げない
  • 記事が書けない
  • 先が見えない

ブログは、約9割の人が、数ヵ月~1年で辞めていく現実があります。

「なぜ、稼ぐことに目的をおいてしまうことがダメなのか?」

ブログに記事を書いているだけでは、稼げない事を理解したうえで、

「稼げるためには、どうすればいいのか?」

考え方を変えて下さい。

そうすることで、目的が明確になってきます。

例えば

目的の明確とは
  • 稼げるジャンルを1つに絞る
  • マネタイズ方法を決める(アドセンス・アフィリエイト)


ブログで失敗する人は、何も考えずにブログを開設し始めてしまうことです。

こういう理由から、目的を見失い結果的に挫折していきやすくなります。

  • ブログは簡単に稼げると思いこまないこと。
  • 稼げるジャンルでブログを立ち上げることです。

実践しない

始めた時は、モチベーションも高いので実践できるのですが、途中で「やる気が」無くなる人が多いのです。

やる気が無くなる理由として

  • 記事が書けない
  • 時間が取れない
  • 壁にぶち当たる

多くは、「言いわけ」になっていることが多く、問題が発生しても自分で解決しようとしない人は途中で失敗します。

ブログは、副業で始める人が多く、本業の合間でみなさんやっています。

そんな中でも実践してる人もいるのです。

「時間が無い」だけで実践できなければ、ブログは失敗します。

「できない理由」を考えるより、「できる理由」を考え実践することが大事になってきます。

知識が無い

初心者の多くは、ブログ運営の知識が無い人です。

「ブログに知識は必要なの?」

このように思って始める初心者が、ほとんどです。

結果的には、継続できずに失敗していくことが多いのですが、続かなかった理由として言う言葉が、

続かない人の言葉
  • 自分には向いてない
  • ブログって思ってたより稼げない
  • なんか面倒くさい


ブログは、ただ書いても意味がありません。

大事なのは構造、構成をしながら作りあげていき、稼げる仕組みを構築することで収益と結びついていくのです。

そのためには、知識が無ければ困難になってきます。

困難になれば、途中で挫折し”失敗する人”になってしまうのです。

杏

”誰でも始めることができるブログ”ですが、
”誰もが稼げるわけではない”事を認識しましょう。
それが、失敗した人にならないためです。

初心者がブログで稼ぐ方法と注意点

初心者がブログで稼ぐために必要なことや、注意しなければいけないことがあります。

ブログは長期戦にはなりますが、他のビジネスよりもリスクが少ない特徴があります。

ブログのメリット
  1. コストがかからない
  2. 在庫をかかえなくてよい
  3. パソコンとネット環境がある場所なら、どこでも自由にできる

始めやすさが魅力になっている分、注意したいのが「収益化」までの道のりが長いということです。

「なぜ、時間がかかるのか?」

理由は、稼げるブログとして、仕組みを作り上げていくために時間がかかるのです。

これができなければ、収益化を目指すことは難しくなります。

本気で稼ぐのであれば、ブログを構築する必要があります。

では、初心者ブログで稼げるための方法を詳しくみてきましょう。

初心者ブログの始め方
  • ワードプレスを使う
  • 有料テーマを使う
  • 書籍・教材で学ぶ
  • ジャンルを1つに絞る
  • アフィリエイトを使う
  • ブログ設定

ワードプレスを使う

多くの企業や、ブロガー、アフィリエイターが使っているのが”ワードプレス”です。

自由にカスタマイズできるので、自分のオリジナルのブログを作ることができます。

ワードプレスを使う場合に必要になるのが

好きなドメインを選び、サーバー契約をしたら、ワードプレスをインストールして完了となります。

有料テーマを使う

ワードプレスが完了したら、テーマを入れていきます。

ワードプレスをインストールしても、そのままの状態では使えないことから必ずテーマを導入していきます。

テーマは、無料と有料がありますが、収益を考えるなら有料テーマです。

杏

このブログは、賢威8テーマを使っているので
デザインなど参考にしてみて下さいネ。


書籍・教材で学ぶ

ブログを開設する前に、必ず知識を知る必要があります。

そうすることで、ブログが作りやすくなるからです。

冒頭でもお伝えしたように、書いているだけでは「稼ぐブログ」にはなりません。

どうしたら、稼ぐブログを作れるのかを重点に置き、ブログを構築していくことが重要です。

また、知識を知ることで周りの情報に流されることなく進めることができるので効率がよくなります。

ブログの仕組みと、記事の書き方が学べるようになっています。

杏

私が試して良かったものなので
参考にしてみて下さいネ。

ジャンルを1つに絞る

収益を目的にするならば、ジャンルを1つに絞った”特化型ブログ”で作ることです。

特化型のジャンル選びは、自分が得意とするものがあればそれでもいいのですが、できればニーズのあるジャンルを選ぶことです。

ニーズがあることで、ユーザーに興味を持たれやすくなるのでアクセスが期待できます。

アフィリエイトを使う

ブログのマネタイズは、Googleアドセンスとアフィリエイトが多く使われています。

稼ぐならば、アフィリエイトで運営していくことです。

理由は、

  • Googleアドセンスは、クリック単価が低い
  • アフィリエイトは、1件の単価が高い

特化型ブログの場合は、アフィリエイトをマネタイズしている人が多いのも、その1つです。

こちらが、アフィリエイトサービス(ASP)になります。

登録は無料ですが、審査があるのもあります。

杏

私が良く利用しているのは、
A8.netと、Infotopです。

ブログ設定

初心者がブログを立ち上げた後のブログ設定について、やっておいた方が良いことが3つあります。

タイトルが入りま
  1. ブログの運営者名を匿名か実名どちらかを決める
  2. 運営者の写真をイラストにするか実物写真にするか決める
  3. SNSを同時に始める

ブログには、必ず運営者情報の記載をしていきます。

副業でブログ運営する場合、会社にバレないように匿名やイラスト、または実物写真でも顔が見えないように横向き、後ろ向き、顔だけカットして使ってる方も多くいます。

運営者情報に関しては、それぞれ理由があれば匿名・イラストでもいいと思いますが、実名や実物写真の方が信頼性があります。

杏

あまり悩む必要はありませんので、好きな方で記載してみてくださいね。

ブログを始めても、すぐにアクセスは見込めません。

Googleから評価してもらうまでには数カ月(6ヵ月~)かかるので、それまでアクセスが少ないとモチベーションが下がりやすくなります。

そこで、Google検索エンジン以外の流入を取り入れることです。

それが「twitter」です。

ブログとtwitterを同時に始めることで、初心者でもブログのアクセスが見込めるようになります。

Twitterの使い方としては、書いた記事のURLを載せたり、ブログに関することを言葉でツイートすることでアクセスが期待できます。

まとめ

今回は、ブログで失敗しないために、初心者に知って欲しいことを解説させていただきました。

初心者の方が、これからブログを始めるにあたり1番大事なことは「本気取り組む」ことです。

ブログを運営していく中で、迷ったり悩んだりすることもあると思います。

目的を持って取り組めば、壁を乗り越えていけるので成功させてみましょう!

杏

私が本気でブログに向き合うことを決断したのは、近い将来に来る老後の生活です。
毎月収益があれば、多額な貯金を用意しなくていいこと、また、ブログを通して老後の”生きがい”にもなるという目標を持ったからです。
自由に働くことができるのが1番の魅力となっています。