杏

Googleサーチコンソールは、どう使っていけばいいの?
どのような機能があるの?そんな初心者の、お悩みの人に向けて、
サーチコンソールの使い方について、分かりやすく解説していきます。

Googleが無料で提供してくれる解析ツール「Googleサーチコンソール」と「Googleアナリティクス」この2つです。

ブログ運営には必要なツールとなります。

それぞれ、解析の方法は違ってくるので、チェックしながらブログに役立てていきましょう。

サーチコンソールで解析できるのは、

  • 検索されたキーワード
  • 掲載順位
  • 記事のクリック率

    検索エンジンでのwebサイトを、分析するためのツールとなります。

    サーチコンソールとは?

    サーチコンソールは、ブログがGoogleに、どうのように評価されているのかを確認することができます。

    確認することで、ブログを改善策を考え訂正をしていきます。

    例えば、

    • 掲載順位が低い
    • クリック数が少ない
    • 表示回数が少ない

    このように、評価が低い場合は、記事の見直しが必要となります。

    サーチーコンソールは、自分のブログの診断ができるツールと考えて下さい。

    では、もう少し詳しく見ていきましょう。

    初心者が、主にチェックして欲しいのは3つのポイントです。

    サーチコンソールのポイント
    • 検索キーワード
    • 掲載順位
    • グラフの伸び率

    検索キーワード

    書いた記事が、どのようなキーワードで検索されているか確認することができます。

    サーチコンソールから、左側にある「検索パフォーマンス」を選択します。

    検索パフォーマンスの「新規」を選択します。

    下記の画面が表示されるので、「新規」から「ページ」を選択していきます。

    「ページ」をクリックすると、下記画面が表示されます。

    ここに、確認したい記事のURLを貼り付けていきます。

    貼り付けたら、「適用」をクリックします。

    「適用」をクリックすると、下記画面に変わりますので、キーワードを確認することができます。

    1つの記事から、複数の複合キーワードが表示されるので、表示回数と掲載順位をチェックすることができます。

    リライトの参考にするべきポイントとなります。

    掲載順位

    掲載順位は、webサイト上で、記事がどの位置にあるか確認することができます。

    理想は、1ページ目のトップに表示されることです。

    しかし初心者の場合は、簡単にトップに立つことはむずかしいので、1ページ目に表示されることを目標にしていきましょう。

    キーワードを確認したページ左側に、

    • クリック数
    • 表示回数
    • 掲載順位

    この3つを確認することができます。

    下記の画面の左側に表示されます。


    書いた記事が、掲載の何番目に表示されているかをチェックすることができます。

    20位くらいの掲載順位の記事は、リライトをして順位を上げていくことがポイントです。

    50位~100位の記事は、リライトするよりも、記事の質が悪いので削除をして書き直す判断をしていきましょう。

    掲載順位が低い原因として考えられるのが

    • ブログのドメインパワーが弱い
    • 記事の内容が悪い・読みにくい
    • そもそも記事が足りていない
    • ライバルの多いキーワードを使っている

      初心者の場合は、記事数やドメインパワーが弱いので、記事を積み上げながらリライトを繰り返すことが大切です。

      こうすることで、少しづつ掲載順位が上がってくるのです。

      また、競合ライバルと同じキーワードを使わない方法で記事を書いていくことがポイントとなります。

      ライバルチェックのやり方を記事にしているので、参考にしてみて下さい。

      グラフの伸び率

      記事を積み上げていくことで、サーチコンソールから、グラフとして伸び率を確認することができます。

      約3ヵ月から6ヵ月くらいのスパンで見て、表示回数と掲載順位をチェックしていきます。

      ブログのジャンルによっても、グラフの伸び率は変わってきます。

      グラフの伸び方として、良い例と悪い例があります。

      下記画面を参考にしてみてください。

      このように、緩やかに右肩上がりに伸びていくようであれば、ブログが良い方向に進んでいることになります。

      逆に、良くないグラフとしては、下記のグラフとなります。

      グラフが安定せず、上下に上がったり下がったりします。

      Google評価が良くないことから、グラフの変動が起こってくるのです。

      この場合は、思い切って記事を削除するか、ブログを新規に立て直しをする判断をしていく必要があります。

      杏

      サーチコンソールは、Googleから、どのように評価をされているかを
      確認できるツールとなります。
      ブログの改善と向上には、とても大事な解析ツールなので定期的にチェックしてみてください。

      記事を書いたらインデックス登録をしよう

      サーチコンソールは、ブログの解析の他に、いち早くGoogleにインデックスをさせる方法があります。

      それが、「インデックス登録」です。

      インデックス登録をしなかった場合、数日~1週間くらいインデックスに時間がかかります。

      インデックスを利用することで、最短で3分後にはインデックスされるのです。

      新規記事やリライト後には、インデックス登録を必ずしておきましょう。

      インデックス登録方法

      サーチコンソールの「URL検索」を選択します。

      下記画面が表示されるので、検索窓に、インデックスする記事のURLを貼り付けます。

      URLを貼り付けたら、パソコンキーボードの「Enter」ボタンを押して、インデックスのリクエストをしていきます。

      記事の内容に問題が無ければ、数分後にはインデックスされます。

      インデックスされない場合

      インデックスリクエストしたのに、表示回数、掲載順位、キーワードが表示されていない場合もあります。

      理由としては、記事の内容に問題があることが考えられるのです。

      Googleは、内容が悪い記事はインデックスはしてくれません。

      この場合の対処としては、

      • 使われていないキーワードを使っている
      • 記事内容に統一感が無い
      • 読みにくい記事(色使い、文字の大きさ)

      1つ1つチェックしながら、リライトをしていくことで改善に繋がってきます。

      まとめ

      今回は、初心者に向けて、Googleサーチコンソールの使い方について解説させていただきました。

      サーチコンソールは、ブログの健康診断と言われる解析ツールです。

      悪い部分は、Googleに評価されるように改善をしていくことが大事になってきます。

      ブログで重要なのは、ユーザーに分かりやすい文章で書き、悩みや、有利な情報を提供できているかの判断になります。

      そのため、文章やブログの構成を考え構築していく必要があるのです。

      サーチコンソールで解析しながら、ブログをより良いものへと作り上げていきましょう。