杏

貯金が現在500万円あるけど、これって少ないの?
50代シングル女性の貯金平均ってどうなのかな?
と、悩んでる人に向けて、貯金の平均値と中央値について解説していきます。‎‎

老後資金は、2.000万円必要と言われてます。‎

シングルの場合、この金額は必要なんでしょうか?

また、老後資金に2.000万円が必要な理由とは?

生活の中で、貯金に回せるほど余裕が無いのも悩みの1つですね。

老後までに資金はいくら貯めればいいの?

収入面や貯金の悩みは、50代シングル女性にとったら大きな課題になになっているのではないでしょうか。

老後資金とっても、タイフスタイルによっても変わってきます。

健康で働けているなら大きな貯金は必要ありませんが、今より年齢が経過したときに想像してみて下さい。

  • 健康維持を保てるのか?
  • 働くことはできるのか?
  • 働く場所があるのか?

この3つが維持できなくリスクが大きくなります。

万が一に備えて、資金準備が必要になってきます。

では、老後資金2.000万円が必要な理由と、老後にかかるお金について詳しく見ていきましょう。

  • 老後資金2.000万円が必要な理由
  • シングルの老後資金額は?

老後資金2.000万円が必要な理由

老後に備えて、約2.000万円が不足されると言われてますが、それを試算するためのモデルケースを例に算出されています。

モデルケース例
  • 高齢夫妻無職世帯(夫:65歳以上、妻:60歳以上)
  • 日本人の平均寿命(男性:81.6歳、女性:87.7歳)

平均寿命参照:令和2年簡易生命表

このようなケースだった場合で算出されているので、シングル世帯だった場合には、この算出とは異なってくるのです。

また、高齢でも働いていれば収入があるので必要資金も変わってきます。

人の寿命は、予測ができないので平均寿命を参考にしていただけたらと思います。

このように、独身だったり、65歳でも元気に働くことができていれば2.000万円資金は必ず必要とは言い切れなくなります。

モデルケースの例では、生活費が収入よりも支出が上回るという計算になっています。

無職夫婦となっているので、収入源は「公的年金」のみで算出されています。

その場合、毎月55.000円の赤字になることを指摘しているのです。

杏

55.000円赤字にならないような生活することができれば
老後資金に2.000万円も必要ないってことじゃないかな。

夫婦モデルケース例としての生活費赤字分と、余命年数で計算すると「不足金額」として表すことができます。

夫婦モデルケース不足の計算方式
  • 余命20年の場合(55.000円×12ヵ月×20年=1.320万円)
  • 余命30年の場合(55.000円×12ヵ月×30年=1.980万円)

この計算でいくと、2.000万円の資金が必要ということも理解はできます。

ライフスタイルは様々なので、必ずしもモデルケースの型にはまる人ばかりではないですよね。

シングルの老後資金額は?

シングル女性の場合、老後に必要な資金額は1.300万円と言われています。

夫婦世帯の場合と比べても、700万円ほど低くなります。

シングルの場合も、無職高齢という想定になっているので働くことができれば、1.300万円の資金は必要が無いということになります。

こちらのケースも、「公的年金」の収入のみで計算されているので、収入よりも支出が上回り、生活費は赤字になるという算出になっています。

この場合、月の赤字は約20.000円となります。

杏

20.000円ほどなら、家計を見直せば
なんとかなりそうな感じもしますね。

シングルモデルケース例としての生活費赤字分と、余命年数で計算すると「不足金額」として表すことができます。

シングルモデルケース不足の計算式
  • 余命20年の場合(20.000円×12ヵ月×20年=480万円)
  • 余命30年の場合(20.000円×12ヵ月×30年=720万円)

参照:2019年全国家計構造調査 家計収支に関する結果

この計算ですと、800万円となりますが、シングルの場合は介護費用や葬儀費用が見込まれているので、約1.300万円の準備が必要ということになります。

夫婦モデルケースと同様で、ライフスタイルによって必要な資金は変わってきます。

杏

毎月の支出で1番変動するのは居住です。
賃貸は毎月の支出となりますが、持ち家の場合は支出がありません。
ただ、固定資産税は1年に1度支払うことにはなります。

50代女性独身の平均値と中央値の貯金額の違い

50代シングルの、平均貯金額はどれくらいなのか気になるところです。

50代になると先に見えるのは老後の生活、年金だけでは不足すると言われています。

「周りの人と比べて自分は貯金ができているのかな?」

気になるところですよね。

そこで、50代シングルの貯金額を調べてみました。

貯金額は、平均値と中央値では金額が変わってきます。

では、平均値と中央値の特徴と、見かたを詳しく見ていきましょう。

貯金の平均値と中央値
  • 平均値とは?
  • 中央値とは?
  • どちらを参考にするべき?
  • 50代の貯金額

平均値とは

平均値は、データーの合計をデーターの人数で割って、平均値を算出しています。

例えば、

50代女性の貯金額データがあるとして、30万、40万、40万、35万、40万、33万、90万だった時の計算方法は、

平均値計算方法
  • (30+40+40+35+40+33+90)÷7=44万円

50代女性の、貯金の平均値は44万円となります。

すべてのデーターを、足して人数で割った数字が平均値となります。

中央値とは

中央値は、データーを低い順に並べたとき、中央に位置する数値となります。

例えば

平均値と同じ内容で、50代女性の貯金額データーで算出した場合

中央値の算出方法
  • 30万・33万・35万・40万・40万・40万・90万

中央に位置する数値が、中央値となります。

この場合ですと、中央の数字は「40万」となります。

同じデーターで算出すると、平均値が44万円に対して、中央値ですと40万円になります。

中央値は、平均値と違うのは、高い貯金額の人の影響を受けない数値ということです。

杏

平均値と中央値では、差が出てしまうことが分かりますよね。

どちらを参考にするべき?

平均値と中央値では、数値に差がでることから、どちらを参考にしたらいいのか悩みますよね。

一概に、どちらを参考にした方が良いと言い切れませんが、全国データーの場合は中央値を参考にした方がよいでしょう。

理由としては、データーのケースによっては使い分けした方が良いからです。

平均値が適してる活用場面として
  • 学校のテストなど、ある一定の属性が経過と共に、どう変化していくかなどのデーターの場合は、平均値を適している

この場合は、全てのデーターを統計して、数で割った平均値がよいとされています。

中央値が適してる活用場面として
  • 格差が大きい社会での統計や、年齢、性別、地域など様々な属性の人から集めたデーターを分析する場合は、中央値が適している

数値のバラつきが多いデーターは、真ん中の数値を選ぶ中央値がよいとされています。

杏

貯金額の場合は、中央値を参考にした方が望ましいということですね。

50代シングルの貯金額

老後資金の準備が心配になる50代ですが、独身者はいくら貯金があるかを平均値と、中央値でまとめてみました。

50代の全世帯平均貯金は、約1.000万円というデーターがあります。

では、50代のおひとり様、貯金事情を見てみましょう。

  • 平均値は、924万円
  • 中央値は、30万円
    50代独身の貯金額率データー
    • 金融資産無し:41.0%
    • 200万円未満:15.2%
    • 200~400万円未満:6.8%
    • 400~700万円未満:8.1%
    • 700~1.000万円未満:5.6%
    • 1.000~1.500万円未満:5.3%
    • 1.500~2.000万円未満:3.0%
    • 2.000~3.000万円未満:4.3%
    • 3.000万円以上:7.6%

    参照:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査)令和2年」知るぽると

    データーから見ると、平均値と中央値では、大きな差があることが分かります。

    全国データーなので、こちらは中央値を参考にしてみましょう。

    杏

    50代独身者の貯金額が30万円だと、
    老後資金としては、全く足らない金額ですよね。
    貯めてる人と、貯めていない差がありすぎけど65歳までにいくら貯められるか
    考えなくていけない問題ですよね。

    50代独身女性貯金が無い人がするべきこと

    「老後資金なんて、まだ先の話だから」

    のんびり構えていると、50歳になり貯金がほとんど無いことに気づくことも多いのです。

    貯金しようと思っていても、なかなかうまくはいかないものですよね。

    収入が少なく、貯金に回すことができなかったり、好きな物を買いすぎてしまったり理由はそれぞれあるでしょう。

    しかし、このままでは「貧困老人」を迎えることになってしまいます。

    年金だけを頼りにした場合、生活が成り立ちません。

    理由としては、

    • 年金制度の変化(減額・支給年齢)
    • 後期高齢者1割⇒2割負担

    社会が大きく変化している中で、年金額の減額や医療費の負担増など変化しているからです。

    年齢を重ねれば、それだけ健康への不安や、病院へ通う率も高くなり思ってる以上に医療費負担がかかると言うことです。

    そのための準備としても、老後資金は重要になってきます。

    貧困老人にならないためにも、今から対策をとることです。

    老後資金の対策
    • 健康維持
    • 収入源を増やす

    今からできることは、健康管理と、収入源を増やすこと、この2つが重要になってきます。

    また、老後も収入が入ってくるような、長く働ける仕事を確保することも大事ですね。

    では、詳しくみていきましょう。

    健康維持

    健康であり続けることは、医療費の負担が少ないメリットがあります。

    それには、日々の健康管理が大切になってきますが、

    「具体的には何をすればいいの?」

    と、思う人もいるのではないでしょうか?

    健康管理は、日々の積み重ねが大切なってきます。

    例えば

    健康を維持するため
    • 食事の見直し
    • 運動をする

    50代になれば、基礎疾患や体重増加、体力の低下など現れてくる年代です。

    疲れがたまったからと言って、休日はゴロゴロ過ごし、気が付いたら家から1歩も外に出ずに1日が終わっていたということもあるのではないでしょうか。

    まずは、生活の中で体を動かすことを習慣化することです

    ジムに通ったり、ウォーキングをしたり、エスカレーターを使わず階段を利用したりと、なるべき体に負荷をかけるこで体力強化へと繋がっていきます。

    それと同時に、バランスの良い食事をとることです。

    大豆、海藻類、魚などを摂り、糖質や脂質、塩分は避けることで体のバランスを整えていきます。

    「年を取れば体力は低下して当たり前」

    と思わず、年をとっても、こうすることで病気になりにくい体が作れるのです。

    体の動きが良くなれば、今まで疲れやすかった体からも解放されてくるでしょう。

    行動するまでは億劫になりがちですが、全ては後で自分の体に返ってくるので、辛くなりたくなければ実行してみましょう。

    収入源を増やす

    今の仕事の他に、仕事を増やし収入源を作ることです。

    収入が増えれば、その分貯金に回すことができます。

    また、働き方も多様化してきたので、副業も認めている企業も多くなりました。

    収入が少なく貯金に回すことができない人は、収入源を増やせる仕事を見つけることで老後資金の不安も解消されてきます。

    関連記事⇒女性におすすめ!在宅ワーク副業、収入アップを目指すベスト「4選」

    関連記事⇒復職への不安、主婦にも最適フルリモート転職情報を解説!

    老後まで長く働ける仕事ができれば、貯金が少なくても収入さえあれば安心できることでしょう。

    何もしなければ、貧困老人生活しか待っていません。

    それを避けるためにも、今から行動することが重要です。

    まとめ

    今回は、50代シングル女性の貯金と、老後資金について解説させていただきました。

    老後に備え準備しておかなけれがいけない「資金」は避けては通れません。

    お金はすぐには貯まらないので、計画的に積み立てるか、収入源を多く持つこと、無駄な出費を減らすことが大事です。

    また、不意な医療費を使わないためにも健康管理も重要です。

    今からでも遅くないので、老後に向けて行動してみましょう!

    杏

    会社で働いていても、長くは働けないでしょう。
    辞めてしまった後の事を考えて、新たに収入源を見つけることも大事です。
    50代の半数以上が、老後に不安を抱いている現実問題、対策を考えてみましょう。