杏

60歳からの再雇用制度って、実際はどうなの?
立場は?お給料は?気になる再雇用制度についてまとめてみました。


まなみ

希望退職者募集が目につく今、再雇用は厳しそうですね。
それに、現役社員にとっては邪魔な存在らしいって耳にしますよ。

定年退職が近づいてくると、その先の人生を考えますよね。

仕事は何歳までするのか?

年金はいつからもらうのか?

貯金は?

これからの楽しみ方は?

いろいろと出てきますよね。

その中でも1番は仕事ではないでしょうか?

定年後、働かない選択なら考えなくてすみます。

しかし多くの人は、再雇用制度や再就職考えているんですよね。

また、人生の終盤にきて何もしなければ
”やりがいや生きがい”という意味でも
考えますよね。

再雇用制度を使って働いたとしても、
どんなメリットやデメリットがあるか、
分からないことも多いはずです。

では、再雇用制度について、
お伝えしていきますね。

再雇用制度とは、国が決めた制度です。

年金受給までの5年間、
働くことができる制度なんですよね。

ありがたい制度ですよね。

退職後、収入が無くなってしまうので、
その間の生活を繋いでくれる制度になります。

定年年齢を65歳未満に定めている事業主は、その雇用する高年齢者の65歳までの安定した雇用を確保するため、「65歳までの定年の引上げ」「65歳までの継続雇用制度の導入」「定年の廃止」のいずれかの措置(高年齢者雇用確保措置)を実施する必要があります。(高年齢者雇用安定法第9条)
「継続雇用制度」とは、雇用している高年齢者を、本人が希望すれば定年後も引き続いて雇用する、「再雇用制度」などの制度をいいます。この制度の対象者は、以前は労使協定で定めた基準によって限定することが認められていましたが、高年齢者雇用安定法の改正により、平成25年度以降、希望者全員を対象とすることが必要となっています。

厚生労働省HPより

しかし、働けるとしても現役社員と同じ給料は貰えません。

一般的には、減給となります。

企業によって減給に差はありますが
半分近くまで下がったと言う人もいます。

また、企業側や現役社員からは、
「再雇用の人」を喜んで受け入れないことも多いのです。

再雇用みじめ?メリット・デメリットとは?

気になる定年後の働き方ですが、私の周りで再雇用制度を使って働いてる人もいます。

理由は違いますが、

  • 会社側の要求
  • 自主申請

この2つです。

会社側から定年後も働いて欲しいとお願いされた場合と、
自分から働きたい意思を示す場合です。

私の知人のケースを見ると、
会社側からお願いされた人は、
1年間だけ働いて退職しています。

自分から申請した人は、
3年間働いて退職しました。

5年働いた人は、私の周りにはいません。

自分から申請し3年間働き退職した人から
話を聞いたのですが、

「できるなら再雇用制度は使わなほうがいい」

との感想でした。

1番の理由は「プライド」だそうです。

現役社員と、再雇用(契約雇用)との格差です。

長年勤めてきたからこそ、
感じる違和感、居心地の悪さということですね。

再雇用制度を使うにしても、
情報を収集したうえで判断することが
大事なのかもしれません。

「再雇用制度は、実際どうなのか?」

理想と現実を知っておくことで、
定年退職後の働き方を、
見直すきっかけになるかもしれませんね。

そこで再雇用制度のメリットとデメリットを
まとめてみました。

メリット

再雇用制度のメリットとしては

  • 今まで働いてきた場所なので急激な変化もなく働ける
  • 年金受給金額を増やせる可能性がでてくる

    この2つです。

    退職して転職する場合、違う環境元で働くことは、
    とてもエネルギーが必要になります。

    慣れるまでに疲れてしまうんですよね。

    再雇用制度を使えば、同じ職場で働くことができるので、
    エネルギーを使わずにすみます。

    これが再雇用制度の最大のメリットでは
    ないでしょうか。

    また、厚生年金は70歳まで加入できるので、
    再雇用を活用して働けば年金額が増加する
    メリットもあります。

    デメリット

    再雇用制度のデメリットとしては

    • 雇用体制が変わるため、給料が今までよりも下がる。
    • 立場やプライドが気になる

      この2つです。

      再雇用制度は、雇用体制が変わるので正社員ではありません。

      原則として給与は、働く日数によっては現役より半分くらい減る場合もあるのです。

      デメリットしては、
      減額されることではないでしょうか。

      それでも働いて収入があるので、
      良しとしたいところですね。

      杏

      性格にもよりますが、
      男性ほど、プライドを気にする人が多いかなって思います。
      再雇用を利用したら、みじめな思いをしたってことを聞きますね。

      再雇用制度は、現役社員の延長として働けるわけでないんですよね。

      そのため、給料の減額や周りとの調和になじめない
      と、いったケースで辞めてしまうこともあります。

      国で決めた制度ではありますが、
      利用する場合は、メリットとデメリットを
      理解したうえで選択してみることですね。

      クチコミ評価

      再雇用に対しての声をまとめてみました。

      再雇用制度は、社会全体を考えると良い制度とは
      けして言えないのかもしれません。

      今の社会情勢からすると、
      再雇用どころか60歳手前で
      ”希望退職者宣告”される可能性もあります。

      今までは”中高年層が希望退職者リスト”
      多かったのですがコロナ過で、
      これからは年齢層問わずに
      リスト化される可能性もあるんですよね。

      これでは、再雇用制度を使う前に
      どうなるかも分からないって
      ことになります。

      日本社会はどうなっていくんでしょうね。

      60歳からの働き方と生き方

      60歳からは、お金と人生について1番考えるときではないでしょうか。

      他の年代と違うのは、働くことができないことです。

      今までは、どこかで働けば収入がありましたよね。

      その「どこか」場所が無くなってしまったら、
      どんなに働く意欲があっても、
      働けないんですよね。

      そのためにも、蓄えが必要となりますが、
      安心できるほどの貯金が無い人の方が多いんですよね。

      不安があるから元気なら働いていたい。

      そう考えるのは普通です。

      また、65歳からの年金額もどう変わるかわかりませんよね。

      早い段階で人生をどう過ごしていくか、
      60歳からの働き方を考え、
      行動することが重要ではないかと思います。

      年齢に左右されない働き方

      再雇用制度を利用しても年齢制限はありますし、
      パート、アルバイトを選んだとしても、
      年齢制限がある業種もあります。

      それだけ働ける場所が限られてくるんですよね。

      年齢に左右されない働き方ができれば
      1番理想だと思いませんか?

      それに必要なのは「スキル」です。

      健康で元気ならば、
      一生続けることができるんですよね。

      スキルを活かすことで、収入を得ること以外にも、
      やりがいや、張り合いにもなります。

      大人になってから、勉強することって
      あまり無いと思うんですね。

      新しいことに挑戦することで、
      別の自分を発見できるかもしれませんね。

      杏

      50歳になって貯金の少なさに不安を感じ、スキルを身につけることを
      考えるようになったんですよね。今では勉強することが楽しいです。
      ある意味、刺激のある生活って感じですね。

      生き方を考える 

      お金と生き方は、とても関連しています。

      歳を重ねるほど、強く感じてくるんですよね。

      若い時は、お金が無くても勢いでなんとか
      なっていたこともありますよね。

      それとちがい、歳をとるということは
      勢いが無く、無理や無茶ができなくなるんです。

      そのため、余裕あるお金は必要になるんですよね。

      生活していく分には、不足していなくても、
      なにかあった時に、保持しておく準備金が必要なんです。

      また、生きがいになることを
      見つけ、楽しむことも大事ですよね。

      お金は、人生の選択肢を増やしてくれるので、
      なにかあった時や、好きなことができることにも、
      関連しているんです。

      お金が無くて困ることはあっても、
      お金が有って困ることは無いんですよね。

      まとめ

      今回は、60歳からの再雇用制度のメリット・デメリットについてお伝えしてきました。

      私は50歳になって強く60歳からの生き方について考えました。

      それには、何をすればいいのか?

      今できることから始めてみようと思ったんですね。

      何もしなければ、みじめな老後しか待っていませんからね(笑)

      そこでスキルを身に着けることを始めたのです。

      多様化する社会の流れを考えたら、
      スキルを持つことは自分の武器にもなるんですよね。

      年齢に左右されないので、
      健康ならば生涯働けると思ったんです。

      働き方って、少し視野を変えるだけで、
      できることってあるんです。

      今後も変化する状況の中で、
      腹き方と人生について
      考え直してみてはいかがでしょうか。

       

      時間で働ない人生を送るために
      私が実践してきたことや、
      人生について、ブログとメルマガで情報を発信しています。

      興味のある方は、サクッと読んでいただけたら
      と、思います。