杏

老後の住まいどうしよう?
賃貸がいいのか、一軒家がいいのか悩みますよね?
どちらを選んだとしても、間取りや広さはも気になるところです。
私も、物件を検討しているので色々調べています。

50歳のおひとりさまの場合、
今後結婚する予定がある人を除いて老後の家のイメージといえば、
広さは求めていない方のが多いのではないでしょうか?

広い家は開放的ではありますが、
老後のことを考えると掃除や家の中の移動など
何かと不便さを感じることもあるかと思います。

手の届く範囲内で暮らすのがベストな住宅だと考えます。

えのもとさとみ

リビングと寝室があれば十分なんじゃないかな。
年老いたら物忘れも激しくなりそうだし、目に見える範囲に物を置いておけば便利だしね。

老後に快適な生活を送るためには、
家の間取りの他にも悩みどころが”住居の選択”です。

賃貸で老後を過ごすか、それともマンション、
戸建てにするのか考えなくてはなりません。 ‎


‎とはいえ、住居の希望があったとしても資金面はどうなのか? ‎

‎また、

それぞれのメリット・デメリットを詳しくみていきましょう。‎

老後一人暮らしの間取り

住む間取りはライフスタイルによって変化していきます。

では、

理想的な老後の住まいの間取りはどんな感じなんでしょうか。

年齢を重ねるごとに起こり得る変化もあるので見ていきましょう。

快適な間取り
  • 人気なワンルームの間取り
  • 理想は1LDKの間取りが人気

人気なワンルームの間取り

1人暮らしならワンルームをイメージしていることも多いと思います。

アパートやマンションでの1人暮らしは、
ワンルームはとても人気の間取りにはなっています。

ワンルームは、

コンパクト設計になっているのでお風呂、
キッチンなどの導線がかなり短く、
1つの部屋で過ごせるので無駄な動きをしなくてすみます。

しかし、

快適な生活を送る上では少し不便さを感じるのもワンルームです。

1番は、食べる部屋と寝る部屋が同じであることで
”暮らしにメリハリ”がありません。

部屋の分離がないため、食事を作り楽しく食べることや、
癒しの空間を作るベットルームが無いことで、
”快適とは言えない暮らし”になってしまいます。

老後は足腰が悪くなったり体調の変化も大きくなる可能性もありますが、
メリハリのない狭い部屋での生活は
気持ちまで落ち込みやすくなってしまいます。

理想は1LDKの間取りが人気

1LDKの間取りは、

リビング、ダイニング、キッチンがあり、
その他に別の部屋が1つある間取りのことをいいます。

独立した部屋があれば、
寝室に使えるので生活にメリハリ
もでてきます。

また、

リビング、ダイニングも広さがあるので
料理を作り美味しさを味わえる空間も確保されます。

”1LDKの間取り”は、老後の暮らしには最適ではないでしょうか。


杏

キッチン、リビング、寝室への導線も短く、
それぞれの空間が確保できるので老後は理想の間取りだと私も思います。
狭すぎず、広すぎずといった感じですよね。

老後1人暮らし賃貸、持ち家?

老後の住まいで考えなくてはいけないのは、
毎月の支出です。

できれば、最小限にしたいものですよね。

そこで、居住は「賃貸」がいいのか、
「戸建て」がいいのか悩みどころです。

賃貸と戸建てのメリットとデメリットも見ていきましょう。

えのもとさとみ

貯金に余裕があれば、私は中古の戸建てかな。
生涯家賃を払っていくことって難しいと思う。

理想の物件は?
  • アパート賃貸
  • 中古マンション購入
  • 中古戸建購入

アパート賃貸

費用が1番おさえられるのが、
アパートのワンルームです。

毎月の家賃の他に費用はかからないので、
余計な支出がありません。

外壁や、室内の劣化など物損に関することや、
固定資産税などの負担は大家さん持ちが多いので、
メンテナンス料が発生しないのがメリットとなります。

デメリットとしては、

年齢があがるごとに更新ができなくなったり、
他の物件に移ろうとしたときに貸し渋りをする
大家さんが多いことです。

また、

緊急の連絡先や保証人を立てる場合もあるので
明確にする必要があります。

生涯家賃を払い続けなくてはいけないことを考えると、
貯金と仕事との兼ね合いが大きくなってきます。

中古マンション購入

中古マンションは
比較的安く購入できるのがメリットです。

間取りも理想の1LDK物件も多くあるので、
探しやすく立地も悪くない場所に建てられているので
快適な理想な物件です。

一活購入ならば家賃はかかりませんが、
銀行ローンを組んだ場合は返済計画が重要になってきます。

建物自体の修繕費はかかりませんが
”管理費と固定資産税”が毎月かかります。

物件によって、管理費用の金額が異なってくるので
購入する際はチェックが必要です。

デメリットとしては、

物件が安くても、毎月の管理費が高すぎる場合もあるので
マンションの場合は気をつけたいですね。

中古戸建購入

1戸建ての持ち家の場合は、
固定資産税がかかってきます。

また、

修繕費は自己負担となるため破損した箇所によって
金額負担が大きくなったりする
場合もあることが
デメリットとなります。

とはいえ、持ち家の場合の修繕費は全て業者に依頼をしなくても
自分でできることはホームセンターで購入して直せることもできます。

多少の劣化ならば早い段階で修復すれば
費用も軽減できることが、メリットではないでしょうか。

戸建ての場合、

快適に暮らせる1LDK物件が少ないことも多く、
この条件ですと平屋建てに限定されてきます。

平屋建て限定物件を探すことに
苦労してしまうケースもあります。

また、

マンション購入同様、
ローンを組んだ場合は”返済計画は重要”です。

杏

それぞれメリット、デメリットはあります。
住む場所によっても利便性の問題もありますし、老後は最終的な住まいになるので
理想と現実を考えて食い違いが無いように選ぶ事がポイントでないでしょうか。

老後の住まい平屋建ての良さとは?

平屋建ては近年人気があり
ファミリー層にも高く評価されています。

インスタグラムのSNSでは、
リゾートホテルのような平屋や、
オシャレな平屋建てが話題になっています。

土地の面積があれば、部屋数も確保できるので
地方住の方には好評が良い物件となっています。

平屋は、洗濯、掃除、料理などの導線が短く主婦にとっては家事の効率が良いことから
人気が高まっていると言えます。

杏

毎日のことだから家の中のコンパクトさは重要ですよね。
快適さを求めると平屋建てが1番理想に近いことがわかると思います。

平屋は一軒家なので小さな庭で
ガーデニングも楽しめるメリットもあります。

好きなようにアレンジできるのも、
”持ち家の特権”ですよね。

小さな平屋の価格

老後の1人住まいならば、
部屋数は必要ないのでコンパクトで価格も低く済みます。

家の大きさは、20坪~25坪くらいが平均的な大きさです。

間取り的には、
1LDKのイメージとなります。

建築費用は、手掛ける建築会社によってもさまざまですが、
1.000~3.000万円となっています。

ローコスト住宅の会社に依頼をすれば、
1.000万円から手掛けることができます。

えのもとさとみ

50代で老後の住まいを確保するならば、
頭金の用意と、65歳までの返済計画が必要ってことよね。
毎月いくら払って、65歳までに完済できるんだろう?

住宅ローンシュミレーション

理想は、頭金が多く用意できれば
それだけローンの返済が軽くなります。

しかし、

住宅にお金をかけすぎると
手持ち金が(現金)が無くなるのも不安です。

ある程度のキャシュフローは、
確保しておくことが望ましいです。

例えば

1.000万円の平屋建てを計画する場合、
200万円を頭金に入れた返済シュミレーションは、こちらになります。

800万円を借りた場合の月々の返済額
  • ボーナス返済無し
  • 借入期間:15年
  • 金利タイプ:定額型
  • 毎月の返済額:46.589円

参照元はイオン銀行公式サイトより

金利タイプは、定額型で計算していますが、
固定型も選ぶことができます。

金利タイプを選ぶ時には、
メリットとデメリットを理解することが大事です。

また、

ローンを組む場合は”諸費用”が別途かかってきます。

諸費用内訳
  • ローン取り扱い手数料:110.000円
  • 借入契約収入印紙代:10.000円
  • 抵当権設定登録免許税:32.000円
  • 抵当権設定にかかる司法書士報酬:80.000円

約232.000円の諸費用が、
ローン以外にかかるので別に費用を確保する必要があります。

現金が確保できない場合は、
諸費用をローンに組みこませて支払うことも可能です。

杏

800万円を借りて15年返済で5万弱なら実現できそうですね。

中古物件リノベーションマンション

都心部に老後の住まいを考えてる方には、
中古物件のリノベーションマンションも人気です。

古いタイプの間取りを現代風にマッチしたり、
住む人の個性やライフスタイルに合わせて
作られるのがリノベーション物件です。

最近では、オシャレな間取りが多く
若い方にも人気があります。

中古物件のリノベーションは、

”すでに済んで販売している物件”と、
”中古物件を購入してからリノベーション”するタイプがあるので、
それぞれの特徴を見ていきましょう。

リノベーションマンションの選び方
  • リノベーション済の物件
  • 物件とリノベーション

リノベーション済の物件

リノベーションが完成している物件は、
自分で確認できることがメリットとなります。

実際に部屋の中を観覧し、納得できれば購入ができます。

住む前と住んでからのイメージがブレることが無いので、
間違いが起こりにくくなります。

気にいれば、入居までのスムーズなので
時間がかからなくて済みます。

購入から入居までの期間は、
約1~2ヵ月くらいで引き渡しが可能となります。

えのもとさとみ

賃貸物件を探す時みたいな感じで観覧し、
気に入れば購入し入居という流れなら気を揉むことが少なくてすみますよね。

リノベーション済の物件は、
なんといってもお得な価格で購入ができるのが魅力です。

立地の良い場所で探している場合は、
”リノベーション物件は狙い目”ではないでしょうか。

間取りも現代のライフスタイルに合わせてあることや、
内装や設備は新築のようにキレイな仕上がりになっているので
お得に購入できるのが最大の魅力となっています。

しかし、メリットばかりではありません。

築年数が古い中古物件なので
どこまでリフォーム工事をしてあるかも重要となってきます。

部屋や設備は新品でも、

「断熱性や遮音性などの工事がされているのか?」

「耐久性に関して耐震補強工事がされているのか?」

見えない内部工事まで確認して物件を選んでみることです。

知らずに購入してしまうと、
後で後悔することになりかねません。

物件とリノベーション

中古物件マンションを購入してから、
リノベーションすることもできます。

メリットとしては、
自分の好きな間取りが作れることです。

例えば、

2DKの間取りを1LDKにしたりすることもできます。

この投稿をInstagramで見る

 

R-LABEL(@rlabel_official)がシェアした投稿

こだわりがある方は、

こちらのリノベーションを利用するほうがいいかもしれませんね。

デメリットとしては、

”理想の間取りで作っても完成後にイメージと違った”
ということもあります。

イメージに近づけるためにも、
食い違いがないように業者との”念入りな打ち合わせは必要”になります。

杏

完成後のリノベーション写真や、
どのようなリノベーション会社があるのかなど、
参考にしてみてはいかがでしょうか。

▼▼▼中古物件リノベーション会社を詳しくチェック!!▼▼▼



まとめ

今回は、老後の住まいとして1人暮らしを快適に暮らせる
間取りの特徴と物件の選択について解説しました。

50歳から考えたい老後の住まいですが、

賃貸、マンション、戸建てなどありますが
自分に合ったスタイルで快適に過ごすことが1番です。

都心や地方住まいによって物件の選択も変わってくるとは思います。

また、

資金やローンについても具体的に計算し
老後の居住選択を検討してみて下さい。

私も住まい選びで悩んでいますが、
中古物件のリノベーションを検討しています。

ベストな物件とタイミングで、
老後の住まいを手に入れたいものですね。