杏

理由があって別居を考えているけど、不安があるという女性は多いと思います。
そんな悩みの人に向けて、別居から16年過ごしてきた私の生活をお話していきたいと思います。

さまざまな理由で、夫婦関係がうまくいかないことありますよね。

1度は「離婚」が、頭の中をよぎったことがあると言う人は、
実は半数以上というデーターもあります。

考えてみれば、違う環境で育った他人同士が、
共同生活をしていく中で、すれ違いが起こるのは
当然と言えるのではないでしょうか。

昔と今では、婚姻生活に対する考え方も変化してきています。

しかし、なかなか1歩踏み出す決断がつかないで、
我慢をしながら生活をしている女性は多いんですよね。

私は、別居生活16年が経過しました。

長いようで、あっという間に過ぎ去った日々だったと、
今では、そう思っています。

もし、あの時に、決断できずにいたら、
きっと今は後悔して、悔やんだ自分がいたと思います。

別居を決断した時や、その後の思いや生活など、
そして、今に至っての考えをお伝えしていきますね。

別居への不安は、自分自身の迷いが大きい

別居をしたいけど、不安が大きくて決断できない女性は多いと思います。

不安要素の、1番は「生活していけるのか」ではないでしょうか?

夫の給料で養ってもらえてた生活から、
別居をしたら、自分で働いたお金で、
生活をしていかなければなりませんよね。

自分1人ならまだしも、お子さんを抱えていたら、
どうやって育てていったらいいのか、
悩むと思うんです。

このように「悩んでる時間」がある時は、
なかなか決断できないんですよね。

悩む時間があるということは、本気で行動に移す段階に
達していないからです。

私は、数年悩みましたが、頭で考えてるだけで、
その先の行動をイメージできていませんでした。

ただ、

  • 生活していけるんだろうか?
  • 毎月の生活費や養育費は不足しないだろうか?

不安だけを並べていました。

結局は、今の安定した生活に未練があったんだと思っています。

誰だって自分が楽な方がいいに決まってるからです。

考えてる時間が長ければ長いほど、
先の不安を理由に、決断できない自分自身の迷いがあったんですよね。

とはいえ、日々の生活の中での精神的苦痛は収まることはありません。

しかし、決断する時は、突然やってくるんですよね。

「考えてる時間」「愚痴を言ってる」時は、
決断や行動は、なかなかできないものだと私は思っています。

別居に踏み出した時に、人生は、迷いと決断を繰り返して進んでいくものだと、
実感しました。

1歩踏み出す前は、いろいろ考え込みますが、
踏み出した瞬間、あんなに考えてたことが、
嘘のように消えていったことです。

別居は突発的に行動してはいけない

別居は、感情的に流されて、勢いで行動すると後で失敗するケースがあります。

失敗例としては、

  • 毎月の収入が確保されていない
  • 貯金が少ない

この2つです。

別居を意識するようになったら、お金の工面が重要になります。

決断するときは、突然やってきますが、
お金の工面がついていない場合は、
行動に移さない方が、いいと思っています。

なぜなら、その後の生活に支障が出るからです。

選択肢が無くなる

別居に限らず、お金が無ければ選択肢が無くなります。

選択肢が無ければ、現状に不満を抱いていても、
行動ができなくなります。

お金があって困ることはありませんが、
お金が無いことでチャンスを逃す方が多いのです。

そのためにも、計画的に資金を増やすことが大事なんですよね。

夫からの依存をやめて、自分自身でお金を稼ぐ努力は必要です。

この覚悟がなければ、別居生活も厳しくなります。

女性が自立するうえでは、全てはお金になるので、
今までのような甘い考え方は捨て、気持ちを強く持つことも重要です。

私は、別居を考えている時間にも、
資金面だけは、計画性を持って貯めてきました。

それでも、不安はありましたが、
資金が増えることで、少しづつ別居への現実味を、
覚えていった感覚がありました。

まずは、資金の確保。

とても重要です。

諦める人生

別居したくても、資金不足で動けない。

そんな環境元にいれば、行動に移すことができませんよね。

資金さえあれば、選択肢が増え行動しやすくなるのは、
分かりきってることなので、今なにをすべきか?

明確になります。

私が思うことは、「諦めることに慣れる」人が多いことです。

周りの人に言われたことがある言葉で、

  • お金がある人は行動できるよね
  • パートでは、生活ができないから
  • 私さえ我慢すれば、いい話なんだよね

問題点だけを並べてる言葉なんですよね。

これって、解決できる話だと私は思います。

言い訳をする時点で「諦めた人生」を選択していることなんですよね。

過ぎ去った時間を、もう1度やり直すことはできませんが、
今から先の時間は、自分次第でどうにでも、
変えることができます。

同じことを繰り返す日々と、1つでも新しいことを始める日々では、
人として成長できるのは、後者だと実感しています。

16年の別居後の生活で気づいたこと

別居を決断してから、すでに悩みは消えました。

自分の人生を、どう過ごしていくかだけを考えるようになったんですよね。

もちろん、子供も一緒だったので、
育てることを優先しての人生設計の立て直しです。

責任という意味では、大きくなりましたが、
気持ちが折れるようなことはありませんでした。

別居前の生きた心地がしなった生活から比べたら、
なんでもできる気持ちだった記憶があります。

それだけ、精神的にも良くない環境元にいたんだと、
つくづく思ったのは、別居後です。

ポジティブになれた

1番良かったのは、よく眠れたことです。

睡眠不足は、脳や体にダメージがあるので、
疲れが取れず日々、だるさが抜けなかったんですよね。

それが、別居した瞬間に改善されました。

眠れることに、幸せを感じたことを今でも忘れていません。

睡眠が改善されたことで、気持ちも前向きになりました。

ポジティブになるにも、環境(睡眠)は大事なことなんでよね。

問題を解決するクセがついた

今まで面倒なことがあれば、夫に投げかけていたこともありました。

しかし、別居をすれば投げかける人もいないので、
全ては自分で解決していかなければならないんですよね。

「面倒くさい」という考えが無くなったことも大きいです。

どんなことでも、耳を傾け問題を解決していく。

環境が変わると、自分でもびっくりするくらい、
対応できちゃうんですよね。

不安で悩んでた時の自分は、なんだったのだろう?

と、思うくらい「悩んでた時間」に意味が無かったことを感じました。

諦めない気持ちが強くなった

別居生活は、寂しいとか、辛いとか、
ネガティブがイメージが持たれがちですよね。

自由を手にいれることで、不自由なことが起こるのは
別居だけではないと、思っています。

生きていく上では、何かを得るために何かを捨てることもあります。

これが、新しい行動のスタートだと思うんですよね。

諦めたら何も変わらないのは事実なわけで、
変わるためには、諦めない気持ちは大事なことなんだと、
改めて思いました。

日々の生活を送っていく中で、いろいろな変化が起こってきます。

その変化に対応しながら、この16年間を過ごしてきたように
思います。

1つ言えることは、自分の人生は自分次第」です。

良いことも悪いことも、自分が変わることできなければ、
人生の発見もできないまま生涯を過ごすことになるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、別居を決断してからの16年間の生活を振り返って思ったことをお伝えしてきました。

女性が、なかなか決断できないのは金銭的な問題が大きいですよね。

しかし、お金の問題は、計画を立てて資金を調達することはできます。

資金ができれば、あとは自分自身の決断と行動だけなんですよね。

私は、別居した16年間で後悔したことはありません。

むしろ、行動に起こして良かったと思うくらいです。

もし、あの時に決断していなければ、
今、とても後悔している自分しかイメージできません。

後悔しても、16年の月日は戻ってはこないんですよね。

それが時間の価値だと思います。

「どうやって過ごすかよりも、どういう自分になりたいのか?」

ここが重要ではないでしょうか?

現在は、年齢も50代に突入し、人生に時間の限りがあることを、
とても感じるようになりました。

泣いても、笑っても、時間は過ぎていきます。

それなら笑っている時間を多くしたい。

そう、考えるようになったんですよね。

そのためにも、お金と、健康に意識を置くようになりました。

この2つは、生涯の課題でもあるんですよね。

もし、別居で悩んでるならば、10年後の自分をイメージしてみてください。

現状を続ける10年後。

新しい道を作る10年後。

あなたは、どちらに魅力を感じるでしょうか?

時間は過ぎ去るだけなので、変化を求めるなら行動するしかありません。

人生は、長いように感じますが、50歳を過ぎると、
とても短く感じるようになるものなんですよね。