杏

Googleサーチコンソールで確認しても、
掲載順位がなかなか上がってこない、どうしてなんだろう?
と、お悩みの人に向けて上位表示に必要なことを解説していきます。


まなみ

キーワード狙ってタイトルつけてるんだけど、
順位が85位くらいの記事がたくさんある。やり方が悪いのかな?

キーワードを入れて、ブログを継続しているけど、掲載順位が低く伸びてくる様子が無いのは理由があります。

それは、競合ライバルがたくさんいる「キーワード」を使って記事を書いているからです。

「競合ライバルってなに?」

同じキーワードを使って、記事を書いている人が多いと言うことです。

多い理由としては、それだけニーズがあるワードということになります。

要は、わかりやすく言えば、人気者と言うことです。

私自身も、半年経過してもGoogleサーチコンソールが、まったく伸びてこないので正直悩みました。

タイトルを少しアレンジしたり、文字数を整えたり調整してみましたが、あまり効果はありませんでした。

まだ、半年くらしでは初心者の分類だったので、SEO知識、記事の書き方にも不備が多かったのも理由としてはあります。

掲載順位が、いつまで低い状態では誰の目にも止まらないので、改善しなければなりません。

上位表示を狙うには、ブログのライバルチェックをしよう!

初心者が、人気のあるキーワードを使い記事を書いたとしても、まず上位表示を狙うことはできません。

上位表示している「上級者レベル」の人が、たくさんいるからです。

そんな中に、入っていったところで勝ち目がありませんよね。

では、初心者は、キーワード選択をどうすれば、上位表示を狙うことができるのかを、詳しく見ていきましょう。

ライバルチェック
  • ライバルを意識してキーワード選択
  • yahoo!虫メガネでキーワードチェック
  • 狙いは20件くらいのキーワード
  • 複数キーワード・ズラしキーワード

ライバルを意識してキーワード選択

ブログで大事なのは、キーワード選択です。

好きなキーワードを使って記事を書きたい、と思う人はいると思います。

しかし、そのまま記事にしても上位表示されなければモチベーションも低くなりがちになります。

初心者の場合は、特に「キーワード」の選び方に気をつけなければならないのです。

ブログを利用している人は、初心者もいれば、中級者、上級者で競っています。

初心者が、キーワードを使うレベル位置としては

  • 初心者
  • 中級者

この辺りを狙って、キーワードを選択していきます。

「初心者、中級者でキーワードが違うの?」

それは、キーワードの選び方が違ってくるのです。

人気者ではない、キーワードを選ぶことです。

上記でも説明したように、人気者には、強者が多くいるので、まだブログを開設してまもない初心者には、戦える強さが無いからです。

人気が無いキーワードは、少数派の人にしか使われていないので、初心者でも、十分な勝ち目が出てくるのです。

勝ち目が期待されれば、掲載順位は高くなります。

上位表示を狙うには、まずはライバルチェックが重要になってくるのです。

Yahoo虫メガネでキーワードチェック

書きたいキーワードを、Yahooホームページ検索エンジンで調べていきます。

調べ方は、

  • 検索窓にキーワード入れて検索
  • 条件指定をクリック
  • ページのタイトル対象を選び検索

    このような手順で進むと、ライバルがどれくらいいるのかチェックすることができます。

    例えば

    「アフィリエイト始め方」のキーワードを調べたとします。

    条件指定をクリックすると次のページに変わります。

    ページが変わったら、「ページタイトル対象」を選び検索をするとページが変わります。

    ウェブ下の数字に注目してもらうと、現在「約3.200件」と表示されています。

    この数字は「アフィリエイト始め方」のキーワードを使って記事を書いてる人の数を表しています。

    同じキーワードを使った場合、3.200数もあるので、記事を書いても掲載順位は上がりにくくなるということです。

    この虫メガネツールを使いながら、数が少ないキーワードを探しながら、ライバルと戦わないようにしていくのです。

    狙いは20件くらいのキーワード

    数的なことで言えば、タイトル検索で20件くらいのキーワードを狙うのがオススメです。

    こうすることで初心者でも、上位表示が狙えるのです。

    しかし、上位表示が狙えるかと言っても、需要が無いキーワードでも意味がありません。

    バランスが、キーワード選択の難しいところなんですよね。

    • 多すぎてもライバルに負ける
    • 少なすぎても需要が無い

    このことを意識しながら、キーワードを選んでみましょう。

    サーチコンソールで分析しながら、調整していくことが大事になってきます。

    複数キーワード・ズラしキーワード

    キーワードの探し方として、同じキーワードでも、別のキーワードを入れることで、検索数が少なくなるケースがあります。

    例えば、

    「アフィリエイトの始め方 インスタ」のキーワードを調べると、3.200件もあった「アフィリエイトの始め方」が、「インスタ」キーワードを入れることで、数が少なくなるのです。

    1つのキーワードで人気がある場合は、このように複数のキーワードを使ってリサーチをしてみましょう。

    杏

    タイトルのキーワード+ライバルチェックをしながら記事を作成していきましょう

    ブログ競合調査をしながら、勝負をかける

    ブログ開設から、まだ浅い初心者には競合ライバルと戦かわないようにするのが1番です。

    しかし、いつまでも人気キーワードを避けて書いていても挑戦できないので、タイミングを見ながらチャレンジしていくことも大事です。

    初心者でも、記事が増えてくると、いくつかの記事が上位表示されるようになります。

    サーチコンソールを見ながら、

    • クエリ
    • ページ確認
    • 掲載順位を確認

    この3つを見ながら、1~2位くらいまで伸ばせるようにリライトをしていきます。

    上位表示されそうな傾向がある記事は、全てリライトで記事の質を高めていきましょう。

    こうすることで、ブログを少しづつ強化していきます。

    では、詳しく見ていきましょう。

    勝負するタイミング
    • 上位表示傾向の記事はリライト
    • 中級者から勝負する

    上位表示傾向の記事はリライト

    ブログ開設が浅い時期は、ライバルと戦わないキーワード選択をしながら、記事を書いていきます。

    目的は、上位表示にすることを意識していきましょう。

    ある程度、記事が増えてきたら、Googleサーチコンソールを見て、上位表示されてきそうな記事を質の高い記事にしていくために、リライトをしていきます。

    その時に重要なのは、「クエリ」です。

    クエリは、どの言葉(キーワード)で検索されているか判断できるのでチェックしてみましょう。

    分析と、リライトを繰り返すことで、Googleに評価されてきます。

    評価されることで、記事の上位表示に繋がるのです。

    また、上位表示の記事が複数あれば、ブログ評価も高くなってきます。

    初心者は、弱者の中で競いながら、レベルアップをすることで、強者とも勝負できる土台作りが重要になってくるのです。

    中級者から勝負する

    記事評価、ブログ評価が上がってきたときは、初心者は卒業です。

    中級者レベルにステップアップできるので、勝負を狙える時です。

    今までは、人気ライバルの「キーワード」は避けてきましたが、ここからはチャレンジしてみましょう。

    競合の中でも勝てるように、記事の質やオリジナルを意識し、差別化をすることで上位表示を狙います。

    競合ライバルの中で戦うことも、1つの励みとなるので楽しみが増えてくるのではないでしょうか。

    初心者は、競合調査をしながら、キーワードを選ぶことが大事です。

    順序としては、

    1. ライバルに勝てないので、別のキーワードで上位を狙う
    2. ライバルに勝てそうだから、人気キーワードを狙う
    3. 先行き、競合ライバルと同じキーワードで、勝負を狙う

      キーワード選択は、ブログのレベルに合わせ使っていくことがベストです。

      段階を経て、最終目標として、人気キーワードを使い競合ライバルと戦っていく方法です。

      まとめ

      今回は、Googleサーチコンソールの掲載順位を上げるために、初心者に必要なライバルチェックをしながら、キーワード選択をするやり方を解説しました。

      ブログ開設して、間もない時は、キーワードの選び方が重要になります。

      段階を踏みながら、競合ライバルと戦かっていきましょう。

      書きたいキーワードが、競合ライバルと重なった場合は、複数のキーワードを使いながら進めていくことがポイントです。

      ブログが評価されるまでは、慎重にワード選択をしていくことが重要です。

      また、キーワード以外にも、ジャンル競争が激しい場合は、ライバルが少ないジャンルで攻めるのも1つの方法です。

      「それでも、このキーワードで記事を書きたい!」

      と、なれば、勝負をかけていってもいいと思います。

      書いた後は、サーチコンソールで分析しながらリライトをしていきましょう。

      しかし、掲載順位が上がらないようならば、ライバルを回避しながらキーワード選択をしていく方法でやってみましょう。