この記事は、ブログ初心者が陥りがちな失敗3選と失敗を回避する対策方法を解説しています。

初心者が通る道と言っても言い過ぎではないほど、失敗する共通点があることをご存じでしょうか?

そういう私も何度もそんな失敗を繰り返してきた1人です。

杏

この記事で分かること
・ブログ初心者にありがちな失敗3パターン
・モチベーションの問題で失敗する理由
・方向性の問題で失敗する理由
・記事の書き方の問題で失敗する理由

初心者は失敗があって当たり前ですが、大事なことは同じ失敗を繰り返さないことです。

この記事を読んでいただくことで、失敗の回避方法が理解できるようになります。

ブログ初心者にありがちな失敗3パターン

ブログ初心者にありがちな失敗例を、パターン別にして解説していきます。

失敗する人に共通するパターンがあります。

パターンとしては、

3つの失敗パターン
  • モチベーションの問題で失敗
  • ブログの方向性の問題で失敗
  • 記事の書き方の問題で失敗

ブログの失敗パターンを、理解することで「自分がやっている」ことが、間違っているかの判断ができると思います。

ブログを本気で運営したい人は、1つずつ対策することが大事になります。

モチベーションの問題での失敗パターン

モチベーションの問題は、記事が書けなくなる失敗です。

振り返ると、私も同じ行動パターンだったように思います。

  1. 書けたのは最初だけで、ネタがなく記事が書けない
  2. ブログの知識がまったくない
  3. モチベーションの差が大きい
  4. ブログのデザインや画像編集にこだわりすぎて記事を書いていない
  5. SNSに夢中になりすぎて、記事を書いていない

失敗例1:ネタがなく記事が書けない

目的を持たずに、なんとなくブログを始めてる人に多い失敗パターンです。

最初の数記事は書けても、その先が続かずそのまま放置してしまうといったケースになります。

放置する時間が長いほど、ブログ以外に興味を持ってしまい諦めモードに突入しやすくなるのもこのパターンの特徴です。

対策:自己分析をし判断する

対策として、この時点で「やめる」か「続ける」かの判断をしていきましょう。

ブログは、目的を見失ってしまうとやる気が起こらないことが多くなります。

そのため、ダラダラ続けていても結果はでません。

続けるモチベーションがなければ、撤退を選択しましょう。

続ける気持ちがあれば、今まで書いたブログは削除する気持ちで、新たに「ジャンルやテーマ」を決めて再度トライしてみましょう。

ジャンルやテーマの選び方
  • お金(ジャンル)⇒ クレジットカード(テーマ)
  • 恋愛(ジャンル)⇒ 40代女性の悩み(テーマ)
  • 仕事(ジャンル)⇒ 転職(テーマ)
  • 趣味(ジャンル)⇒ ゴルフ(テーマ)

一例ですが、ジャンルとテーマの選択方法になります。

自分が他の人より得意としていること、または経験したことがあるテーマを選ぶと記事も書きやすくなります。

杏

テーマを決めることで、関連した記事だけを選んで書くことができるので記事ネタに困ることがなくなります。

失敗例2:ブログの知識がない

ブログの知識がまったくない人の失敗パターンになります。

ブログはジャンルやテーマを最初に決めずに始めてしまうと、途中で途方に暮れてしまうことがあります。

ブログ知識不足から起こることで、「誰に向けて」「どのような情報を」発信していいのか分からないパターンになります。

対策:書籍や教材を活用する

ブログの知識がない人は、書籍や教材を活用しインプットする必要があります。

ネット情報でも参考になることもありますが、単発的な情報が多くどこまで理解できるかが課題になってきます。

効率的にインプットするなら、一点集中できる書籍か教材を活用するほうが時間短縮にもなります。

杏

ブログは覚えることが多いので、学びながら実践するスタイルが1番効果的です。

失敗例3:モチベーションの差が大きい

最初に大きな目標を作ると、モチベーションの差が大きくなり失敗するパターンになります。

例えば、

  • 50記事を1ヵ月で書き終える
  • 3ヵ月までに5万円を稼ぐ

このように、ハードルが高い目標を作ってしまうと途中で息切れを起こしやすくなるのです。

記事を増やすことや収益に集中することだけにエネルギーを使うと、現実とのギャップにモチベーションが低下し失敗することがあります。

対策:長期目線で目標を決めていく

ブログ運営は、長期的目線で目標を決めていくことが大事になります。

無理な目標を作って頑張っても疲弊する原因を作ってしまいます。

小さな目標を作り、コツコツ達成させることから始めてみましょう。

例えば、

  • 価値ある情報を1週間で2記事作成する
  • 集客ができるようになったら収益を考える

小さな目標の積み重ねをしながら目標を達成していくことで、モチベーションの差を軽減できます。

杏

小さな目標に向かう途中でも知識が必要なことも多いので、スキルアップをしながら実践していくことが重要です。

失敗例4:デザインや画像編集にこだわる

ブログのデザインや画像編集に時間を費やすことで記事がなかなか書けず失敗するパターンになります。

ブログは、デザインや画像に時間をかけてもアクセスは集まりません。

WordPressの無料テーマを利用していると、機能面の不足で画像やデザイン設定に時間がかかることもあるのではないでしょうか。

ブログのオリジナルデザインにこだわってしまうと、時間や労力が削られてしまい肝心な記事が書けないことがあります。

対策:デザインや画像は後回しにする

ワードプレスに有料テーマを導入すれば、デザインに時間をかけずに済みます。

効率よく時間を使えるので、その分、記事を書くことに集中できるようになります。

無料のテーマを使っている人は、ブログ運営にも左右されるので、有料テーマに切り替えるとスムーズです。

当ブログは、賢威8テーマを使っているので参考にしてみてください。

⇒賢威8テーマを詳しく見る

失敗例5:SNSに夢中になりすぎる

集客法としてSNSに夢中になりすぎると、ブログの記事が書けずに失敗するパターンになります。

初心者は、あれもこれもやろうとすると、ブログが中途半端になりがちになります。

また、SNSはコミュニケーション要素が強いため、楽しい方へ行きがちになりやすいのです。

結果、ブログの記事が書けていない人が多いのです。

対策:ブログを優先させる

ブログの記事を書くことを優先していきましょう。

SNSは、ブログにアクセスが集まるようになってから始めても遅くはありません。

ただし、トレンドブログの場合は、SNSと同時に始めるほうがアクセスが集めやすくなります。

ジャンルやテーマによって、SNSを使うタイミングが変わってきますが、ブログの記事を増やすことが優先していきましょう。

ブログの方向性の問題で失敗するパターン

ブログの方向性の問題は、ジャンルやテーマで方向性を失う失敗です。

  1. ジャンルを決めずに記事を書いている
  2. ジャンルと収益化が繋がっていない
  3. NGジャンルを使っている
  4. 無料のブログを使っている

    失敗例1:ジャンルを決めずに記事を書いている

    ジャンルを決めずに、漠然と記事を書いていると、方向性が見えず失敗するパータンになります。

    多数のジャンルを扱う場合、ターゲットを作ることができません。

    そのため、「誰に何を」の部分が見えないので、何を書いて良いのか迷ってしまうことが多くなります。

    対策:何について情報を発信するかジャンルを決める

    ブログで発信するジャンルを、明確にする必要があります。

    明確にすることで、何についての情報を発信するのか、イメージが掴めてきます。

    ジャンルの選択は、ご自身で体験してきたことや、得意とすることが望ましいですね。

    体験したことにより、より具体的な情報を記事にすることができるので、読者の共感を得られることもあります。

    失敗例2:ジャンルと収益化が繋がらない

    ジャンルを決めても、収益化と繋がっていなければ、失敗するパターンになります。

    例えば、収益目標を10万円に設定した場合、Googleアドセンスを設置して「10万円稼ぐぞ!」と思っている人のケースです。

    収益目標設定が高ければ高いほど、ジャンルの選択と、収益化の関連性は重要です。

    対策:目標金額を狙えるジャンルを選ぶ

    自分の目標金額があれば、収益に見合うジャンルで、ブログを作っていきます。

    ただし、知識やスキルが無ければ、扱えないジャンルもあるので、目標金額の設定は、自分のスキルと合わせる必要があります。

    例えば、スキルや知識があまりない初心者は、最初は、目標金額を下げて実践していきましょう。

    失敗例3:NGジャンルを使っている

    個人が使ってはいけないとされている、NGジャンルで運営すると失敗パターンになります。

    どんなに役に立ちそうな記事を書いても、Google規約に違反するジャンルはweb上に表示されません。

    表示されなければ、アクセスも収益も発生することはありません。

    対策:NGジャンル以外のジャンルを選ぶ

    NGジャンル以外の、ジャンルを選ぶことで対策ができます。

    生活の中で、役に立ちそうなジャンルは、案外と多く存在しているものです。

    例えば、趣味、育児、副業、英語など、専門的な資格がない分野を選んでいきましょう。

    失敗例4:無料ブログを使っている

    無料ブログを使って運営しても、結果が出ずに失敗するケースになります。

    無料ブログは、機能性や収益性に制限があるため、運営にも支障がでやすくなるのです。

    対策:ブログは自己投資として考える

    収益化を目的とするならば、自己投資は必要になります。

    ブログは、ネットビジネスになるので、どのような職種でも、ビジネスに投資なくしては収益を得ることは、むずかしくなるのです。

    その中でもブログは、低コストで始めることができるので、チャレンジしていきましょう!

    記事の書き方で失敗するパターン

    記事の書き方の問題は、自分中心の日記記事を書いてしまうと失敗します。

    ブログは、読者に読んでもらうための内容であることが前提になります。

    1. 読者にではなく日記記事を書いている
    2. ライバルの多いキーワードばかり狙っている
    3. 記事の構成ができていない
    4. コンテンツの情報が薄い
    5. ブログ運営に関する知識が不足している

    失敗例1:日記記事を書いている

    日記記事を書いていても、ブログのアクセスを集めることができず失敗パターンとなります。

    ブログは、読者の意図に合う役に立つ情報を書くことが求められています。

    自分中心の日記記事は、アクセスを集めるどころか、収益化に繋がることもありません。

    対策:読者に向けて記事を書く

    読者目線で、役に立ちそうな情報を記事にしていきましょう。

    アクセスが集まるブログは、悩みや解決策などを、読者目線で提示しているのです。

    自分の経験から、困ったことや、解決できたことなどを、考ええてみるのも1つの方法です。

    失敗例2:ライバルの多いキーワードばかり狙っている

    初心者が、ライバルの多いキーワードを使うと、失敗するパターンになります。

    ライバルは、知識とスキルを持っている人が多いので、初心者には勝ち目はありません。

    キーワード選択は、とても重要なので知識も必要になるのです。

    対策:ライバルの少ないキーワードを使う

    初心者は、ライバルの少ないキーワードを使っていきましょう。

    ライバルを回避しながら、文章スキルを向上させることを、目標にしていくことが重要です。

    そのためにも、初心者は、アクセスを集めやすいキーワード選びが大事になります。

    失敗例3:記事の構成ができていない

    ブログでの記事構成ができていないと、離脱率が高くなりやすくなります。

    構成ができていないことで、読者は、最後まで読む価値がない記事と判断してしまうからです。

    冒頭の文章から最後の文章までの、構成を組み込ませることが重要です。

    対策:文章の構成を理解する

    ブログは、読者にとって読みやすい文章で構成する必要があります。

    最初は、うまく書けなくても慣れてくると、書けるようになるので、とにかく書くことが大事です。

    ブログ文章の構成は、

    1. 記事タイトル(キーワードを入れる)
    2. 冒頭の文章(興味を持ってもらう内容が望ましい)
    3. 具体的な内容(見出しを使って区切る)
    4. 具体的な内容(見出しを使って区切る)
    5. まとめ(文章をまとめて分かりやすく)

    ジャンルによって、書き方や表現のしかたは変わるかもしれませんが、基本はこのような構造です。

    また、見出しや、画像を取り入れていくと、ブログ全体がまとまりやすく、読者にとっても読みやすくなります。

    失敗例4:コンテンツの情報が薄い

    ブログのコンテンツ情報が薄いと、Google評価が低くなり、失敗につながりやすくなります。

    また、情報は、時間の経過と共に変わることもあるので、定期的なリライトも必要です。

    対策:情報を細かく分けて情報を濃くする

    コンテンツは、ひとまとめに書くのではなく、細かく分けると情報を濃くすることができます。

    例えば、「ソロキャンプのテント」のコンテンツの場合。

    オススメのテントの紹介だけではなく、ソロキャンプならではの「悩み」を、ピックアップしていきます。

    1つ1つ、丁寧に説明していくことで、情報を濃くすることができます。

    失敗例5:ブログ運営に関する知識が不足している

    初心者のよくある失敗の結論としては、ブログ運営に関する知識不足が原因になります。

    知識を学ぶことで、よくある失敗を回避することができるのです。

    しかし、全てを頭の中で理解することはむずかしく、実践しながら学ぶことで、知識が身についてくるもです。

    対策:ブログ運営の勉強を学ぶ

    ブログ運営は、専門的な分野になるので、知識を学びながら実践していく必要があります。

    自分から、進んで知識を学ぶくらいの行動力は必要かな、と、私は思います。

    勉強した人と、しない人では、ブログ運営に大きな差がでてきます。

    ただし、勉強しても実践しなければ、ただのノウハウコレクターで終わってしまいます。

    少しずつ知識を増やしながら記事を更新することで、質の高いブログ運営を維持できるようになります。

        まとめ

        今回は、ブログ初心者ありがちな失敗例、パターン別の解説と対策方法をお伝えしてきました。

        ブログ運営の心構えとして、知識やスキルも必要ですが、それ以上に「行動」マインドが重要になってきます。

        • 長期目線で、作業を継続させていく
          ⇒スキルが向上に繋がる
        • ブログ運営を優先させる
          ⇒ネットビジネスの自覚が芽生える
        • 完璧を求めない
          ⇒最初から完璧にできる人はいない
        • 最初は記事を増やすことに集中
          ⇒量より質は、記事が増えてから質を見直そう
        • SNSは、ほどほどに
          ⇒目的を見失わないためにもブログ優先にする

        何度も失敗を繰り返してきた私が、諦めずにやってこれたのは、ありがちな失敗を見直し改善してきたからです。

        ブログが思うように進まない人は、ありがちな失敗をチェックしていきましょう。

        改善することで、壁を突破できるのでチャレンジしていきましょう。

        ▶ブログを始めたい!ブログの始め方を知りたい!そんな人へ

        当ブログでは、これからブログを始めたい!ブログの始め方を知りたい!

        そんな初心者の人に向けて、簡単にブログを始められるやり方を紹介しています。

        wordpressのインストール方法から、ブログの初期設定までステップ方式で進めることができます。

        ブログをこれから始める方は、ぜひご覧ください!

        worepressブログの立ち上げステップ解説になります。