杏

アフィリエイトをやるなら、特化型のがいいのかな?
けど、自分にできるかな?と、お悩みの方に向けて、
特化型と雑記型の特徴について解説していきます。


えのもとさとみ

初心者がいきなり特化型から入るのって
難易度高くないかな?
雑記型でアフィリエイトしても、いいんじゃないの?
というか、違いがよくわからない(;^_^A

アフィリエイトをするなら、特化型でやるほうがいいと、そんな周りの声もありますよね。

特化型のイメージとして、

「難しそうな、専門性のある記事」

このように思ってる人もいますが、難しいのではありません。

ブログは、大きくわけて2つの形があります。

それが、

  • 雑記型
  • 特化型

それぞれに、特徴があります。

まず、アフィリエイトをすることは、

「収益化を目的としたブログ」

になるので、収益を出すためのブログにしていく必要があります。

このことを、初めに頭に入れておいてください。

そうすることで、特化型と雑記型の、どちらを選択するべきかを理解できると思います。

また、特化型と雑記型のマネタイズについても詳しく見ていきましょう。

アフィリエイト雑記型とは?

1つのジャンルに絞らず、幅広い内容の記事を書くのが「雑記型」です。

あらゆる記事を書くことができるので、どのようなブログで始めていいのか、分からない初心者には、雑記型からスタートしているのが多いのです。

自分の好きな記事を書けるといった意味でも、雑記型は好まれやすいのかもしれませんね。

では、雑記型の特徴を、もう少し詳しく見ていきましょう。

雑記型の特徴
  • 記事が書きやすい
  • 需要を把握できる
  • 雑記ブログの特性

記事が書きやすい

雑記型の1番の良さは、好きな記事を書いていくので、楽しみながらできることです。

難しい言葉も、難しい専門用語使わないので、思いのまま書くことできます。

好きなことを発信できるのは、続けやすいことにも繋がってきます。

ただ、書きやすい分、ネタが切れてしまうと、途中で記事が書けなくなってしまうケースがあります。

いくら好きなことを書けたとしても、自分だけの知識には、限界があるものです。

需要を把握できる

1つのテーマを絞らないので、多方面の情報を得ることができます。

そのため、話題になっていることや、注目されそうなことなどを、把握することができます。

ユーザーニーズの高い情報をキャッチしながら、記事を書くことが可能になります。

話題性のある情報は、アクセスが見込めることに繋がってきます。

雑記ブログの特性

雑記型ブログは、多彩な方向に手を延ばして記事を書くことが出来ます。

自由度が高いので、さまざまな話題を取り入れることができます。

そのため、ニーズがある情報を発信しやすく、関心を持つユーザーも広くなります。

また、SNSとの相性も良いので、話題性のある記事ですと、一時的に、たくさんのPVを稼ぐことも期待できます。

ただ、一貫性が無いので、ターゲットとなる訪問者が割り出しにくく、アフィリエイト戦略がたてにくいかな、という点があります。

また、特化性を重視するGoogleには、評価されにくい難点があるのです。

えのもとさとみ

楽に始められるけど、
収益が難しいのが雑記型ということね。

アフィリエイト特化型とは?

1つのジャンルに絞り、記事を書いていくのが「特化型」です。

1つに絞ることで、専門的なブログを作ることができます。

専門的=難しい内容

ということではなく、1つのジャンルに絞ることが重要ということです。

ただ、ジャンルによっては、”知識が必要”な、場合もあります。

では、特化型の特徴を、詳しく見ていきましょう。

特化型ブログの特徴
  • 専門性、信頼性がある
  • 収益化が期待できる
  • 特化型の特性

専門性、信頼性がある

1つのジャンルに絞ることで、”専門性”のあるブログになります。

Google検索で需要が高いのは、特化型のコンテンツが圧倒的に多くなります。

例えば、

自分に置き換えて考えてみて下さい。

何かを調べたい時に、Googleで検索するとします。

検索結果に出てくる内容を見ながら、調べたいことが一致する記事があれば解決されますよね。

このように、調べたいことや困ってる時の対処をしてくれるブログが「特化型」で作られたブログが多いのです。

ブログを特化することで、Googleから信頼を得ることができるのです。

収益化が期待できる

信頼を得ることができるコンテンツは、掲載順位も高くなります。

そのため、ユーザーの目に止まる確率も高くなるのです。

目に止まれば、読まれることも多くなるので、アフィリエイトの収益が出やすくなります。

上位表示されるブログは、コンテンツの質も良いと判断されているので、このように収益に結び付きやすくなるのです。

特化型の特性

特化型は、テーマを決めて狭く深く深堀的な記事を書いていきます。

例えば、

  • ユーザーが、〇〇に対して調べていたり、〇〇に対し解決法を探している場合は、それに絞った情報を記事にしているので、他の記事も読んでくれる見込みがあります。

特化型は、求めてるものに明確さがあるのが特徴となります。

ジャンルを絞ることで、ターゲット層が決まってきます。

ターゲットが決まることで、商品やサービスも提供しやすくなり、アフィリエイトの効率も上がってきます。

    特化ブログのサイト設計のやり方

    特化ブログは、基本的に3つの構成になります。

    • 集客記事
    • 収益記事
    • 総合記事

    このように、項目別に作る必要があります。

    全体としての割合は、集客が80%、収益が10%、総合記事(まとめ)は10%の構成が良いとされています。

    では、特化型の必要項目を詳しくみていきましょう。

    必要な項目は、5つあります。

    必要項目
    • ジャンルを決める
    • ブログの構造・構成をする
    • ターゲット層を決める
    • 情報の正確性を意識して書く
    • リライトを続ける

    ジャンルを決める

    1つのジャンルを、決めることからスタートします。

    ジャンルの選択として、読者ニーズがあるのかを判断するのが1番重要です。

    ニーズが無いジャンルですと、どんなに良い記事を書いても、ユーザーにとって興味が薄ければアクセスが見込めません。

    何を選んでいいか、分からない人は、

    「どのようなことが、求められているのか」

    を、リサーチすることです。

    ブログの構造・構成をする

    特化型ブログは、情報を分かりやすく整理することが重要になります。

    なぜなら、読者に見やすく、読みやすいようにするためです。

    ゴチャゴチャしている、ブログですと次の記事を読みたくても、どこに何があるのか分からないようでは、読者もブログを離れて行きやすくなるからです。

    例えば

    • カテゴリーでまとめる
    • 関連記事でまとめる
    • 関連記事をリンク付けする

      こうすることで、関連する記事を複数読んでもらえるので回遊率のアップにも繋がってくるのです。

      その他にも

      • 運営者情報(プロフィール)
      • お問合せフォーム
      • 固定ページ
      • LPの設置

        このような、設置も必要になってきます。

        運営者情報の書き方は、信頼度に繋がるので、できるだけ詳しく記載していきましょう。

        どんなに有利な情報を発信しても、運営者情報が記載されていないことで、信頼性が薄くなってしまうことから、収益にも影響しやすくなります。

        ターゲット層を決める

        ジャンル選択したら”誰に向けて”発信していくかを決めていきます。

        多くの人に自分のブログを読んで欲しいとは思いますが、ターゲット層を想定することで、より専門性のあるブログとなります。

        ターゲットに向けて発信していくことで、ターゲット層の読者が集まりやすくなります。

        ターゲットを絞ることで、検索の目的、検索の意図など、提供しやくなるので記事も書きやすくなります。

        情報の正確性を意識して書く

        専門性を重視するため、正確な情報を書く必要があります。

        信憑性がない情報を書いてしまうと、Google評価が落ちてしまうので注意が必要です。

        必ず正確な、情報を意識して書いていきましょう。

        正確性を重視する場合は、信頼性の高いサイトを使うことも1つの方法です。

        その場合、必ずリンクサイトを付け加えることが重要になります。

        リライトを続ける

        特化型は、検索流入からが多くなります。

        そのため、多くの人がSEOを意識して記事を書いています。

        このことから、似たようなタイトルや、内容になりがちになってしまうのです。

        上位表示を狙ったり、維持する場合は、人との差別化を意識していく必要があるのです。

        そのためにも、定期的なリライトをしていくことが、とても重要になってきます。

        まとめ

        今回は、アフィリエイトをするにあたり「特化型」「雑記型」の違いを解説しました。

        アフィリエイトを始める場合、多くの方が収益目的だと思います。

        アクセスPVが増えても収益が伴わないブログは、山ほどあるのも現実です。

        特化型、雑記型にはメリット・デメリットはありますが、なにを目的にするかを明確にすることです。

        特化型と、雑記型の大きな違いを言えば、

        • 特化型は、「商品販売」が目的
        • 雑記型は、「人間」を発信

        特化型は、商品が軸となります。

        そのため、収益に結び付きやすくなります。

        雑記型は、人間が軸となります。

        運営者の人柄や、話題性の記事が注目されやすくなります。

        雑記型の場合は、ファンを集めながら、収益へと繋げるといったやり方になります。

        このことを理解すれば、アフィリエイトは、特化型で取り組む方が収益への近道となることが分かりますよね。

        特化型は、構造、構築をしっかり作ることや、ターゲットを決めることで、収益化と結びついていきます。

        やってみたい!

        と、思ったら行動してみて下さいネ!